おすそわけのある暮らし集う、つながる、新所 おすそわけのある暮らし集う、つながる、新所

新所の歴史
1.静岡県の西の端
東西からの影響(平安時代、鎌倉時代)
平安時代には、いわゆる国の形が整いつつあったが、朝廷の支配、土豪の領有のほかに伊勢神宮が支配する神宮領があった。神宮領のことを神戸といい、遠江にも増えていった。浜名湖地域にもいくつかの神戸があった。
現在の三ヶ日には本神戸があり、「浜名神戸」と呼ばれていた。その後広がった神宮領は「御園」あるいは「御厨」とよばれ、浜名湖地域には、尾奈と大墓があったとのことである。鎌倉時代には、源頼朝によって保護されたようである。
東西からの影響(戦国時代)
世は応仁の乱を経て戦国時代に突入することとなるが、今川氏は武田氏および北条氏と同盟を形成することに成功し、東海に安定した大勢力を形成することができたのである。義元は、三国同盟によって東と北の脅威を取り除くと、西勢力を拡大する。義元侵攻によって新所地域も今川勢力圏に取り込まれ、その経緯の中で宇津山城の小原氏は、兄弟の守る新所の岡の城と戦うことになった。
井伊直虎時代は今川の勢力下にあり、浜名湖から三河にかけては戦乱の地域であった。(今川氏研究の最前線:洋泉社)